砂漆喰とは?魅力やメリットをお話します

柔らかで上品な印象になる漆喰は有名な壁塗り材です。


その漆喰に砂を混ぜたものが「砂漆喰」で、漆喰とは少し違った風合いを持っています。

砂漆喰の大きな特徴は、表面が凹凸のあるざらついた風合いになることです。

土壁の雰囲気に近いと考えると想像しやすいかもしれませんね。


洋風や北欧風にもマッチする漆喰と比べると、砂漆喰は和テイストが強く、落ち着いた印象です。


和室にはもちろんですが、モダンなお部屋にも合うと思います。

そんな砂漆喰にはメリットがたくさんあります。

メリット①:漆喰よりも費用を抑えやすい !


塗り壁というと費用が高くなり、漆喰はどうしても高級品のイメージですよね。


その理由は技術が必要なことももちろんなのですが、工程の多さも漆喰施工の価格を上げています。                                                                                 

漆喰の場合は砂漆喰を塗った後に漆喰を塗り重ねる必要がありました。                                                                                           

でも、砂漆喰仕上げなら砂漆喰を厚く塗るだけで完成します。


1工程減らせるので時間も費用も節約できるわけです。

 

メリット②:汚れが目立ちにくい !                                                                      

塗り壁は一度汚れや傷がつくと修復しにくいことがデメリットです。       

砂漆喰もそうなのですが、独特の凹凸が汚れや傷を目立たなくしてくれます。                                                                                                                           

大きなダメージは隠せませんが、うっかりついてしまった汚れや、小さな傷は漆喰よりも目立ちにくいです。

 

メリット③:吸湿性も抜群 !


漆喰よりも安価な砂漆喰ですが、吸湿性はとても高いです。


室内壁に使えば、ジメジメした季節でも快適に過ごせます。           

 

砂漆喰は漆喰よりも取り入れやすく、独特の風合いが魅力の塗り壁です。


職人が丁寧に仕上げた砂漆喰の壁は細かな凹凸や砂の粒がわかり、自然や手仕事の印象を強く感じられます。


和室や色を抑えたお部屋にぴったりですので、新築やリフォームの壁材でお悩みの際はぜひ検討してみてください。