五右衛門風呂

最近はほぼ目にすることのなくなった五右衛門風呂。

ご依頼がありました。

何年か前にも

どうしても風呂は五右衛門風呂でなくては!

というお客様がおられました。

今回はまた違ったお客様です。

昔、子供のころ我家も五右衛門風呂でした。

子供でしたから、釜の周りが熱くなり、ちょっと触れても熱い思いをするのが

嫌だったこと、お風呂を焚くのになかなかうまく火がつけれないで、

くすぶる煙の中、一生懸命火吹き竹で吹くも煙いばかりで火がつかないこと。

等々を思い出します。

でもお湯が柔らかく、湯冷めがしないのもいいな~と今は思えます。

しかし、五右衛門風呂って丸じゃなかったの?

長方形の五右衛門風呂もあるんですね。びっくり!

豊臣秀吉が石川五右衛門を釜ゆでの刑にしたことで、五右衛門風呂という名前

になったとか。。。

かまどを築いて釜をのせ風呂にする。

底板を浮き蓋とし、板を踏み沈めて入浴をする。

これまた、板が外れて熱い思いを何度したことか。。。

そんな思い出がたくさんある、五右衛門風呂です。

 

楽しみにお待ちくださいね♡