5月27日、上棟

7時30分、お清めのお神酒をいただいて「建前」のはじまりです。

 

一昨日は大雨。昨日は基礎に溜まった雨水をかえだし、雑巾でふきとっていた。

今日は快晴!

朝から日差しがきつい!

カーン、カーンとかけやの音が心地よい。

順序良く組まれた材がおきて来る。

いつ見ても気持ちがいいものだ。建前の日はみんなの気持ちもピーンとはって

気迫さえ感じられる。

昼前には30度近い気温。

お茶が飛ぶように無くなっていく。この時期は特に蒸し暑い。

 

建て方も終わり上棟式。

お供え物がそろい、扇車が備えられ、祝詞をあげて

餅投げの準備にとりかかる。

大黒、四方餅、小餅・・・・・

人がだんだんと多くなってくる。

さあ~、誰が大黒餅を拾うのかしら?

四方餅、大黒と投げた後

「さあ~はじめますよ~」の声と共に一斉に餅投げが始まる。

頭にあたって泣きさけぶ子、黙々と下を向いて拾う人。

つかの間のお祭りにみんなおおはしゃぎ。

めでたい、めでたい上棟のお祝いでした♪

「これからこの地でお世話になる」という

お施主さまの気持ちがみんなに伝わり、微笑ましい一時でした♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です