K様邸

自然素材のぬくもりに包まれなから、ゆとりの田舎暮らしを満喫

SHIGEKI
 今回、ご依頼をいただいたのは、横浜から岡山に越して来られたKさんご一家。
 都会を離れ、自然豊かな環境での田舎暮らしを希望されての移住。
 旭川に架かる鹿瀬(かせ)橋から津山に抜ける道中、のびやかに広がる河川敷の風景に心惹かれ、建部に住もうと決心されたそうです。
 新天地での住まいは、Kさんのライフスタイルや嗜好を考慮に入れつつ、風や光、自然の風景を感じながらいかに心地よく暮らせるかをテーマに設計。
 木の香りとゆとり感に包まれた自慢のー邸が完成しました。
 焼杉板に見える玄関周りの黒い外壁は、実は備長炭塗装。
 除湿による防腐効果や遠赤外線効果など、木炭にはさまざまな自然 のパワーが秘められています。
 漆黒のアクセントが加わることで、ナチュラルな申にもモダンな印象が際立ちました。
 内装は、合板やクロスなどを極力使わず、無垢板や漆瞳などの自然素材が中心。
 伝統工法を基本にしつつも、純和風には走らず、佳みやすさにこだわったシンプルな間取りを提案しました。
 キッチンカウンターや収納、建具類も既製のものではなく、木の風合いを活かしオリジナルで造作しています。
 家づくりや暮らしの価値観もどこか互いに共鳴しあうものがあり、引き渡しまでの7ヵ月間はとても楽しい作業となりました。
Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider
K
家の中の空気がきらきらして、パワースポットみたい」と言われます。
無垢のフローリングや柱から漂う木の香りがなんとも 心地よいわが家です。
東側に大きくとった窓からはまっさきに朝日が差し込み、家中が明るい光に包まれます。
景山建設さんには、私たちの意向を上手に汲み取っていただき、細部の丁寧な仕上げには、職人さんの心意気を感じました。
のどかな自然に囲まれた建部で、楽しく毎日を過ごしています。