遊楽庵、きざみも着々と!

「遊楽庵」の木材が工場に入って一ヶ月近くなるでしょうか・・・

木のいい香りが漂うなか、きざみが始まっています。

職人の手仕事が着々と進んでいます。

地松です。

土間の天井に、この地松の梁が見えます。

丁寧に、丁寧に仕上げています。

本当にきれいです!

墨付けから始まって、工場の中は日々仕上がっていく材が

積み上げられています。

もう少し経つと柱を削るカンナの音と、向こうが透通るような薄い、薄い

カンナ屑が溜まって来ます。

まるで上等な削りかつをのようです。

これぞ職人の技といえるでしょうか・・・・・

削りあがった材を触ってみると、本当になめらかでつやがあります。

楽しみですね~♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です