窯出し

6月8日、「建部北前窯 岡安廣宗」さんの窯出しがありました。

いつも手洗い鉢をお願いする、備前焼作家さんです。

13昼夜、松割木でしっかり焚きあげた作品の数々です。

関東方面、関西方面と多くに方々が来られていました。

年に一回のこの時を楽しみにしております。

毎年お目にかかれる方々、思わず笑みがこぼれますね~

作品は、リレー形式で来られた方々の手から手へと渡っていきます。

「おぉ~」

とため息があちこちで聞かれます。

IMGP7080 IMGP7081 IMGP7092 IMGP7094 IMGP7096 IMGP7082 IMGP7084 IMGP7100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、窯から出たばかりの器に盛り付けられるお料理の数々。

いつも手作りのお料理が所狭しと並んでいきます。

器使いを楽しみ、美味しい食事に舌鼓を打ち、楽しい会話と笑い声が

集う人々からあふれ出ています。

そんな一時も楽しみの一つになっています。

IMGP7086 IMGP7089

 

 

 

 

 

 

奥様が生けれれるお花。

これがまた最高に素敵なんです。

IMGP7101

 

 

 

 

 

 

人と人とのふれ合いを大切にされる「窯出し」です。

先生や奥様の温かみのあるおもてなしに、日々の忙しさを忘れさせていただいた

ように感じました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です