窯だし

平成23年5月15日、建部北前窯 岡安廣宗さんの窯だしがありました。

毎年、この時期にされます。

今年は、近年取り組んでこられた「黒備前」にこだわられたようです。

大作をはじめ、茶碗、花入れ、食器と数多くの作品を楽しませていただきました。

登り窯の最初の扉を開ける瞬間。

岡安さんの真剣なまなざしです。

きっとワクワク、ドキドキなんでしょう~

窯から一つ一つ、みんなの手渡しで出てきます。

これが、黒備前です。

写真では上手く撮れませんでしたが、黒がとってもきれいでした。

釜の中は、5/2に火を落としたというのにまだ温かったです。

これから、窯の外に出ていきます。

黒備前のなかに、白備前がありました。

去年も白備前に目を奪われましたが、今年はまたきれい!

ちょっと緑がかったような色合いでした。

今年は黒なのでしょうが、私は白に目がいってしまいました。

奥様が入れられたお花の数々。。。

お昼ごはんに用意された食材。

こんな風に使うんだ~って思う、食器の使い方♪

いつもながら、美味しいご飯といっしょに贅沢な一時を過ごさせていただきました。

みなさんも一度参加してみませんか~

工房に伺うと、もっともっとすてきな器の使い方や、お花の入れ方が

見られますよ。

多くの作品にふれてみませんか?

岡山市北区建部町太田3996  「建部北前窯」 0867-22-4422

素敵な奥様がおいしいお茶をご馳走してくださいます♪

 

来月は高松三越で個展が開かれるそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です