直島、安藤忠雄の作品にふれて・・・

岡山からフェリーで15分~20分で直島に着く。

まず出迎えてくれる赤いかぼちゃのオブジェ。

今、直島はホットな場所のようだ。

安藤忠雄の地中美術館。

打ちっぱなしのコンクリートの外観が見えてきた。

中に進んでいき、ふと上を見上げるとコンクリートの間から

真っ青な空が見えた。

そして、クロード・モネの「睡蓮」を鑑賞。

5点の絵画を堪能した。

これは、地中の庭。

モネが愛した植物を配した庭。

約150種類の草花と40種類の樹木が植えられている。

その他にベネッセハウス(宿泊施設を併設した現代美術館)、

南寺などもある。

南寺の中は、真っ暗闇で一点の光を見つけてそれに頼って外に出る。

その光を見つけることがなかなかできなかった。。。

岡山には、成羽町美術館がある。

ここもコンクリートの打ちっぱなしの外観に周りの山々がうつり、

水が流れ安藤氏らしい趣が感じられる。

直島には学生の頃設計された中学校もある。

美術館に行く際見かけたが、また時間を作って出かけてみたい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です