岡山市建部町N様邸(大黒柱のある家) 屋根工事も順調に・・・

建前から早2週間。

屋根工事も順調に進んでいます。

屋根地~ルーフィング~瓦。

和型瓦がきれいに並べられています。

壁は土壁をつけます。

竹のコマイを編んでいます。最近は土壁をつける現場が少なくなりました。

そして、コマイの編める職人さんも少なくなっています。

が、昔ながらの工法。

最近は見直されている部分も多いような気がします。

大切に受け継がれていって欲しいものです。

この壁に土をつけて、十分乾かし裏返しをしていきます。

一手間も二手間もかけて仕上げていきます。

大切な工程の一つなのです。

 

「みまさか木の家」と書かれた垂れ幕。

これは県産材を使った家ということなのです。

含水率何パーセント以上など、検査が行われていきます。

いぶし瓦の美しさが際立っていくようです。。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です